小学1年生から見た小学4年生

分からない車査定 > > 小学1年生から見た小学4年生

小学1年生から見た小学4年生

私が小学校、そして部活に入りたての頃、四年生はとても遠い存在でした。

一緒に過ごせる時間も少ないし、技術もまず理解できないほどかけ離れていました。故に彼らの引退する時はもちろん寂しかったですが、私たち一年坊の生活はそれまでと何ら変わりませんでした。

二年生になって後輩が入り、仕事や責任が増えました。去年三年生だった先輩方は最高学年となり、私たちとも一緒にプレーしたり談笑することも多くなりました。チームにとっても、私たち二年生にとっても四年生は欠かすことのできない存在になりました。

そんな四年生に、今年も引退の時期が訪れました。明日の試合を終えれば、勝っても負けても今年度の活動は終わります。

先輩方のいなくなった部活が想像できません。いなくなられては困るのです。まだ教えて頂きたいことがたくさんある。まだ一緒にご飯に行き足りない。リンクへ向かう車の席が空いてしまう。

泣いても笑っても、次回の練習に四年生はいません。教えて頂いた全てを自分のものにして、私たちも強い四年生にならねばなりません。そのためには沢山栄養をとって大きくならなきゃ!↓
子どもの栄養についてはこちら



関連記事

  1. マネックス証券が投資初心者にとって良いと言われる理由
  2. 「勉強が忙しい」知的な女性がバイトの代わりに交際クラブに登録
  3. ワンダーコアの問題について
  4. 小学1年生から見た小学4年生
  5. 同僚が激太り。ジムに通ったようです。
  6. トラックの査定をアップするために知っておくべきこと
  7. 太陽光発電は未来の発電方法
  8. 気になった聴覚過敏
  9. いろいろあるはんこ
  10. 花言葉
  11. ムーヴから乗り換えます
  12. 体力低下を回復させる
  13. 優雅を極めたマッサージ
  14. ブランド品を買取店で売るのもいいけれど
  15. ジェイド買取価格を高くしたい
  16. 同窓会に向けて準備しなきゃ